【血便.com】〜検査方法と費用〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ketuven★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは血便の検査方法と費用について、詳しく説明していきます。

血便が出た時の多くが切れ痔やいぼ痔によるものなので、特に痔持ちの方は病院へ行かずにそのままにしておくことが多いはずです。しかし、痔持ちだからといって安心してはいけません。その血便が本当に痔によるものであればいいですが、もしかしたら消化器の重大な病気によるものだとしたら発見が遅れて非常に危険です。ですので血便が続くようであれば、一度検査を受けるべきでしょう。

血便の検査は外科・消化器科・肛門科などで行えますが、まずはお近くの病院へ向かって下さい。血便の検査方法についてですが、まずは検便です。そして大腸がんの検査を行う場合、血液検査でがんの有無を調べます。他には内視鏡検査やCT検査といった方法もあります。内視鏡検査は内視鏡を使って腸内を確認する上、ポリープなどが見つかればそのまま切除して治療することも出来るので最も便利な検査と言えるでしょう。

検査費用についてですが、保険適用の場合であれば安ければ千円以内で済むでしょう。検査の内容によって大きく変わりますが高くても1万円程度で済みます。しかし、内視鏡検査でがんが見つかって、がんの検査も・・・なんていうことになればさらに費用は高くなるでしょう。


sponsored link



copyright©2013  【血便.com】〜血便の原因や病気について〜  All Rights Reserved